矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

皆さん、こんにちは。愛知洗い人 太陽舎 修復師の畔柳(クロヤナギ)です。

 

本日は、裁縫するときに布に印を付けるチャコ-ルペンシル(通称チャコペン)が消えない!とのご相談です。

 

そもそも「チャコ」とは英語の「Chalk(チョ-ク)」が変化した言葉で、もともとは粉末の粉を固めて作ったペン型の道具です。

 

基本的には水で落ちるのが一般的なんですが、粉末のタイプや油性のタイプなどチャコペンと言っても種類が様々です。

 

粉末のタイプのチャコペンだとブラシなどで叩くと簡単に薄くなりますが、生地によっては繊維の中に浸透してしてしまい水洗いすることによってさらにチャコペンの跡が落ちにくくなってしまうこともあります。

 

 

今回は、ベビ-ドレスにチャコペンで引いた線がご家庭で洗っても消えないので染み抜きをご依頼されました。

 

写真の通り、レ-ス生地の中に粉末の粉が中に入り込んでしまい、特殊シミ抜きで何とかキレイに除去させていただきました。

 

 

通常なら水洗いで簡単に落ちるチャコペンでも、チャコペンの種類や生地によってはキレイに落とすことは難しい場合がございます。

 

そんなときは、私達愛知洗い人にご相談いただければ、お客様の衣類のお悩みを一緒に解決するお手伝いをさせていただきます。

 

何かお困りごとがございましたら、お近くの愛知洗い人加盟店までお気軽にご相談下さい。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

463-0002

名古屋市守山区中志段味曲畷2459-2

ト-タルファッションケア太陽舎 本店

京技術修染会 中部地区認定講師在籍

修復師 畔柳秀克(クロヤナギ)

☎(052)739-2712まで

 

 

 

 

ト-タルファッションケア太陽舎

この記事を書いた

ト-タルファッションケア太陽舎についてお店情報を見る

衣類の焼け直し・モンクレ-ルの色褪せ修正など全国からのご依頼。TV・書籍などのメディアにもシミ抜き修復師・認定講師として多数出演。お気に入りの衣類・靴カバン等はト-タルファッションケア専門店の太陽舎へご相談下さい。