矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

日中は半袖でも過ごすことができますが

朝晩はめっきり涼しくなり、そろそろ衣替えも本格的に行う時期となりました

夏服を着なくなる時 どのようにお仕舞いですか?

A そのまましまう

B お洗濯して仕舞う

C クリーニングを利用する

クリーニング店が書く記事ですから おすすめはクリーニングに決まっているじゃないか

ええ もちろんそうなのですが

お客様にとっても そのほうがお得なんです

夏の間は当然汗をかきます 汗が残っていると、時間が経つと 黄ばんできますよね

汗なんか水で落ちるから お洗濯で大丈夫なんじゃないの と思われるかもしれません

でも お洗濯だけで済ました結果が写真のとおりです

皮脂や制汗剤の成分は水で取れにくいものもあります

黄ばみ変色になると しみ抜き代金もかかります

 

ぜひ夏服の仕舞い洗いは クリーニングをご利用ください

 

当店では 通常家庭で洗濯をされている世帯様のワイシャツについても

シーズン終わりの最後の一回はクリーニングご利用をおすすめしています

 

来期また着る時の 黄ばみ発生がっかり も防ぎます

どうか 仕舞い洗い を よろしくお願い致します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葵クリーニング

この記事を書いた

葵クリーニングについてお店情報を見る

京技術修染会認定 修復師   岡崎市 葵クリーニング 南  健です 一点一点丁寧に洗い、しみぬきさせていただきます お客様のお困りに、ベストを尽くします よろしくお願いいたします