矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

今回の事例は、肩から袖口にかけて黄ばみ取りと、色褪せを修復する事例です。

今年の夏もあとわずか・・・曇りや雨が多かった2017年夏でしたね。
しばらく着ないうちに黄色く変色したような感じになり、黄ばみを取ってほしいと依頼されました。よく見ると柄の部分も色褪せていて、これは太陽光か蛍光灯の紫外線の影響と思われます。
柄の色変化を見ながら慎重に黄ばみを取る漂白処理と、色褪せ部分を染色補正で着用可能な状態になり喜んでいただけました^^

太陽光の紫外線は肌の色を変化されるのはご存知だと思います。衣類の生地、染料などにも影響され黄ばみ、色褪せになります。太陽光の当たる場所に衣類を長時間放置させない。室内であっても蛍光灯の光が当たる場所に長期間放置させない事が重要です。

愛知洗い人なら染色補正技術により色褪せなども直せる場合が多いです。あきらめずお近くの愛知洗い人にご相談下さい。

東郷クリーニング

東郷クリーニング

この記事を書いた

東郷クリーニングについてお店情報を見る

お客様が望んでいる事を一番に考え、 心をこめて全力で努力します。 衣類のメンテナンス係として、何なりとご相談ください。 京技術修洗会認定の修復師がいる店です。