矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

『1周回って知らない話』は、日本テレビ系列で放送されているバラエティー番組で

今どきの視聴者が知らないギモン=「一周回って知らない話」を解きあかしてゆくものです

「一周回ったゲスト」として、私と同世代の過去の(?)アイドルが登場し、

「今どきのゲスト」や視聴者から えー!?やうーん!をいただいていています

なるほど、知っているようでよく知らない話はいっぱいあるのですね

 

さて、今日のしみ抜きの話ですが、「しみ抜きには順番がある」ということです

服にシミが着いた時は、それを除去する為には色々な薬品や洗剤等が有り

化学的な根拠に基づく順番がある のです

つまり 初めに何を行うか? は最も重要でありその後のしみ抜きの成功の可否を左右します

 

インターネット上にはしみ抜きの方法として色々な情報があります

一つ一つは間違ってはいないのですが、シミの種類や順番についての解説はあまりありません

店頭に 「シミが付いてここまで自分でやったのですが・・・」との商品をお持ちいただくのですが

殆どの場合は せっかくの努力でも状況を悪くしていることが多いです

漂白剤を使いました とお伺いした時はとても残念な気持ちになります

漂白剤はかなり後の方の順番です

中性洗剤やアルコール は順番としては良い方ですが、生地にもよります

と 永遠に解説は続きます

シミの種類や生地・色・付き方 様々な要因で全部違うんです

 

昔 おばあちゃんの家には「ベンジン」がありました

(ええ昭和の時代です(◎o◎))

仕事から帰ってきた祖父の背広の襟を、ぞのベンジンをガーゼに含ませてさっと拭い衣紋掛けにかけて陰干ししていた

のを思い出しました

今でも「ベンジン」はドラッグストアの中にひっそりとあります

このベンジンはしみ抜きの順序として初めに行うには適しています おばあちゃんの知恵は科学的根拠にも合っています

でも くどいようですが

シミの種類や生地・色・付き方 様々な要因で全部違うんです

 

とうぞ 大切なお召もおはぜひそのままお持ちください

愛知洗い人」 はこの複雑な問題に日々取り組んでいます

ご利用をお待ち致します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

葵クリーニング

この記事を書いた

葵クリーニングについてお店情報を見る

京技術修染会認定 修復師   岡崎市 葵クリーニング 南  健です 一点一点丁寧に洗い、しみぬきさせていただきます お客様のお困りに、ベストを尽くします よろしくお願いいたします