矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

いつもシミを抜いてばかりいる私たちですが、

 

今回は【抜かずに入れる】

 

そう、色を入れる部分染色の事例です。

 

その風合いが特徴のインディゴ染めですが、摩擦に非常に弱く

擦ったりすると脱色してしまうことがあります。

 

簡単に落とせると思い、食べこぼしを水で湿らせたタオルで擦ってしまったそうです。

お客様には、シミと同時に生地の色も脱色してしまうリスクを説明させていただいて、部分染色のご了承をいただき

残留した汚れを除去した後に、

部分染色をいたしました。

 

愛知洗い人の復元再生技術を、

 

 

真面目にお伝えいたしました。

グリーン クリーニング

この記事を書いた

グリーン クリーニングについてお店情報を見る

いつもありがとうございます。 お客様からの『ありがとう。』 ・・・最高です!! 京技術修染会会員 修復師 大平朋広