矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

気を付けていてもついやってしまうのが

ポケット確認をしないで洗濯機に突っ込んでしまう 事ですね

大切な制服に いつも使っている赤ペンを挿したまま 洗濯してしまいました

私たちはこれを「インクのパンク」とか「インク爆発」などどいうのですが

洗濯のプロとしても、それだけ衝撃の大きい事です

綺麗に落とすのは大変!ということです (゚д゚lll)

 

洗濯機から取り出して 衝撃の光景を前にして

「何とかしたいっ」と思われるのも無理もありません

色々な対処方法が紹介されていますが、成否はどうでしょうか

色々と試された上で 「どうしても使いたいので」 と持ちになった場合は

残念ながら、状況はさらに悪くなっていることが多いです

より時間も費用もかかってしまいます

 

いま話題の 京技術修染会の横倉先生(ヨコちゃん先生)の

「魔法水」は

食べこぼしなどのシミには大活躍ですが

インクのしみ抜きには効果がありません

 

 

 

 

 

 

 

葵クリーニング

この記事を書いた

葵クリーニングについてお店情報を見る

京技術修染会  中部地域認定講師 修復師 岡崎市  葵クリーニング 南  健です 一点一点丁寧に洗い、しみ抜き いたします お客様のお困りに、ベストを尽くします よろしくお願いいたします