矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

こんにちわ。愛知洗い人の畔柳(クロヤナギ)です。

8月も終わりになりましたが、まだまだ汗をかく暑い日が続きますね。

夏場の面倒な汚れと言えば、衣類の「襟の汚れ」です。今回はバーバリーのジャケットの襟の復元再生加工の事例を紹介します。これは毛穴からでる「皮脂」汚れを放置していたことで皮脂が酸化して黄ばみ・変色してしまつたことが原因です。

一度、衣類が黄ばみ・変色になってしまうと漂白・色修正をしないと修復できないものもございまさす。このような状態になる前に、ドライクリーニングのみではなくウエットクリーニングを行えば、黄ばみ・変色を事前に防ぐことができますので、汗をかいた衣類は必ずウエットクリーニングをお勧めします。

私達、愛知洗い人は、頑固な汚れはもちろん、黄ばみ・変色も修復するプロ集団です。ぜひ、お近くのお店にご相談下さい!

今回の事例 襟の修復料金 3240円(税込)+クリーニング料金

名古屋市守山区中志段味曲畷2459-2

クリ-ニングの太陽舎 修復師 畔柳秀克

☎052-739-2712

 

クリーニングの太陽舎

この記事を書いた

クリーニングの太陽舎についてお店情報を見る

衣類の焼け直し・モンクレ-ルの色褪せ修正など全国からのご依頼。TV・書籍などのメディアにもシミ抜き修復師として多数出演。お気に入りの衣類・靴カバン等はト-タルファッションケア専門店の太陽舎へご相談下さい。