矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

ラベンダーは虫除けの効果があるハーブなんですよ。

今回は、そんな防虫とは縁の遠い合成皮革のお話です。

名城公園のラベンダー

ビフォーアフターにありますのは、合成皮革が使われえている部分が劣化してボロボロになって剥がれてしまったのの張替えのお直しの画像です。

合成皮革の寿命は3年ぐらいが目安となってますが、ここで注意していただきたいのは、この3年は購入からでなく製造からのカウントダウンだということです。
買ってから一年も経ってなくても一度しか着てなくても、製品の特性により時の流れでベタベタしてきたり剥がれてきたりの症状が現れてきたりします。
合成皮革の劣化が始まる前ならクリーニングしても変化は見受けられないと思いますが、目に見えない劣化が始まってますとクリーニングがきっかけで目に見える劣化として現れることがありますのでご理解いただきますようにお願いいたします。

では、洗わない方がいいのか?といいますと、洗わないと汚れにより劣化が加速してしまいます。
これは、合成皮革だけではなくて、どの衣類にも言えることですね。

合成皮革の衣類をご購入の際は、製造日の確認もしたいところですよね。。

 

衣類の事でお困りな事がありましたら愛知洗い人にご相談くださいませ。

松井クリーニング 担当:松井 真
〒470-1125 豊明市三崎町中ノ坪20-12
☎ 0562-92-9821

 

豊明市 松井クリーニング

この記事を書いた

豊明市 松井クリーニングについてお店情報を見る

衣類と末永くお付き合いできますようにお手伝いさせていただきます。 松井クリーニングは京技術染修会 会員店ですので安心してお任せくださいませ。