矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

本日は、ジャケットの襟の汗日焼けによる変色復元再生加工を紹介します。

綿などの植物繊維は、汗などが残留することにより、生地がアルカリになり、色が退色して変色することがあります。

今回のケースも、生地の青色が退色して赤味を帯びています。退色した青色赤味を抑える緑色灰色を足して、色修正(復元再生加工)をさせていただきました。

汗を含んだ衣料品は、ドライクリーニングのみではなく、ウエットクリーニング(汗抜き)をしてから、保管されますと色の変色を防止することができます。

お気に入りの衣料品は、季節の変わり目には、ぜひ、ウエットクリーニング(汗抜き)希望とお申し出下さい。

襟の黄ばみ・変色など、染みでお困りの際は愛知洗い人相談下さい。

ト-タルファッションケア太陽舎

この記事を書いた

ト-タルファッションケア太陽舎についてお店情報を見る

衣類の焼け直し・モンクレ-ルの色褪せ修正など全国からのご依頼。TV・書籍などのメディアにもシミ抜き修復師・認定講師として多数出演。お気に入りの衣類・靴カバン等はト-タルファッションケア専門店の太陽舎へご相談下さい。