矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

みなさまこんにちは!

いつもご覧くださって、ありがとうございます。

もうすぐ3月、春が待ち遠しい大平です。

 

 

さて、今回はネクタイのシミ抜きです。

 

ネクタイの素材は、ポリエステルなどの化学繊維のモノもありますが、そのほとんどがシルクです。

だと思います。(自分調べ)

 

見たことありませんが、レザーのネクタイもあるそうです。

へぇ〰️勉強になります。

 

シルクという素材は、ネクタイに限らず繊維自身が物凄くデリケートで取り扱いが難しい繊維です。

 

この度のご依頼のネクタイはシルク。剣先の食べこぼしのシミを除去して欲しいとの事。しかも他店に何度もクリーニングに出されていて、シミがデザインの一部として定着しております。

 

難敵です。

(;´Д`)落とせるのでしょうか……

 

 

 

色々試して頑張ってみましたが、オレンジ色が残ってしまいました…。

( TДT)(ビフォア写真)

 

 

シミは抜けましたが穴が空きました!

では、当然お客さまに納めることは出来ません。

生地へのリスクを考えて、今回のシミ抜きはここまでとさせていただきます。

( TДT)(ビフォア写真)

 

 

 

がしかし!

ここで終わらせないのが、愛知洗い人なのです!!

 

…取れぬなら

……隠してしまえ

………ほーほけきょ🐥

 

 

残ったシミの色(オレンジ)の

反対の色(青色)の染料を補色して、シミを目立たなくしました。

染料による隠蔽の完了です。

 

隠蔽と言うと、なんとなくイメージが良くないので、

何か技の名前を考えないといけませんね。

 

【洗人神拳究極奥義 隠蔽】

 

あ、なんか凄いけどダメだわ…

 

 

完全に除去出来れば最高なのですが、この様な裏技を含めて愛知洗い人の復元再生加工だと思います。

お客さまの【もう一度着たい】のために、様々なご提案をさせていただけたらと思います。

グリーン クリーニング

この記事を書いた

グリーン クリーニングについてお店情報を見る

いつもありがとうございます。 お客様からの『ありがとう。』 ・・・最高です!! 京技術修染会会員 修復師 大平朋広