矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

いつも「愛知洗い人」のホームページをご覧くたさり、誠にありがとうございます

 

本日は、大変お問い合わせの多い

「シュプリームのプリント修正」の一例をご紹介致します

シュプリームに限らず Tシャツ等にプリントされたロゴマークは、素材の樹脂の特性から 比較的早く劣化が進むことがあります

 

またTシャツ等の本体と 伸縮性が異なるため、ひび割れや剥がれが起きやすくなることもあります

 

商品の特徴として仕方のないことではありますが、本体がまだまだ綺麗な状態てあれば、プリントが治ればなぁと思いますね

 

今回は赤わくの中の白文字にひび割れが有りましたので、そのひびを充填し

文字に白色をメイクアップしていきました

(beforeの  r が少し他と違いますが、このrをベース処理をしている時、写真を撮り忘れたことに気付きました)

 

商品が作られるときのように高温のプレスは使えませんし、プリントのベースは引き続き劣化は進んで行きますので、永久的に直るものではありませんが

Supremeの文字はよみがえりました

 

プリントの修正は色々なケースがありますので、詳しくはお問い合わせください

その際 画像等詳しい状況が判りますと、

よりよい方法が見つかる可能性が大きくなるものと思います

よろしくお願いいたします(^^)

 

葵クリーニング

この記事を書いた

葵クリーニングについてお店情報を見る

京技術修染会  中部地域認定講師 修復師 岡崎市  葵クリーニング 南  健です 一点一点丁寧に洗い、しみぬきさせていただきます お客様のお困りに、ベストを尽くします よろしくお願いいたします