矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

家庭洗濯がOKになっているのに、洗ってみると思わぬトラブルがおきることがあります。

洗剤の量や、濡れていた時間、汗やその他の汚れ成分との兼ね合い等の条件の違いで、

いつもは大丈夫なのに・・・ということもありますし

革部分の色止め加工の寿命なんていう原因もあります。

クリーニング店の洗濯とは違い、いちいち試験をするわけにも行かないですよね。

 

今回岡崎市よりご依頼のお客様も、白色の綿パンツを洗濯機から取り出すと、

皮革のエンブレムから色がにじみ出して、周りを青色に汚染してしまっていました。

きれいなホワイト地でしたので、ちょっと目立つので、何とかして欲しいというご依頼でした。

 

このような場合、染み出した成分を予想しながら、使用する薬剤を選択します。

ここが 愛知洗い人 の腕の見せどころです。

が いつもどんぴしゃりというわけにも行きません。常に勉強勉強です。

今回も お客様が漂白剤等を使って ご自身で何とかしてみよう とされなかったので

助かりました。

ありがとうございました。ヽ(・∀・)ノ

 

 

 

葵クリーニング

この記事を書いた

葵クリーニングについてお店情報を見る

京技術修染会  中部地域認定講師 修復師 岡崎市  葵クリーニング 南  健です 一点一点丁寧に洗い、しみぬきさせていただきます お客様のお困りに、ベストを尽くします よろしくお願いいたします