矢印
before+画像を拡大する After+画像を拡大する

「どうしてもこのシミがとりたいのですが…」「無理なお願いすみません…」と、わざわざ、当店を探しておいで下さった名古屋市守山区からのお越しのお客様のご相談品です。

今回のシミは、毛並みのある手触りのベージュの綿ズボンで、シミはかなり古いものかなとのこと。しかも、お客様ご自身で、シミの箇所を擦ってしまい、シミの回りが白く色ハゲてしまっていました。また、よく観察すると、シミはもうすでに変色した状態で、通常の染み抜きでは落ちない状態でした。お客様のご要望にお応えしたいため、通常の染み抜きではなく、復元再生加工(部分漂白・色修正)をご提案させていただきました。

古いシミを市販の染み抜き剤等で擦ってしまうと、シミより先に地の色が飛んでしまうことがありますので、こんな時は、まず、触る前にご相談することがお勧めです!

染み抜きには、油性処理・水溶性処理・漂白といった手順があり、処理の順番を間違えるとたいへんなことになります。

正しい手順を行い、部分漂白でシミを除去した後に、白くハゲた箇所をオレンジと黄色で灰色で色合いを調整して復元再生加工を行います。

お困りの染みがごじましたら、信頼のあるお近くの愛知洗い人にぜひ、一度ご相談下さいね!

 

クリーニングの太陽舎

この記事を書いた

クリーニングの太陽舎についてお店情報を見る

衣類の焼け直し・モンクレ-ルの色褪せ修正など全国からのご依頼。TV・書籍などのメディアにもシミ抜き修復師として多数出演。お気に入りの衣類・靴カバン等はト-タルファッションケア専門店の太陽舎へご相談下さい。